Category Archives: 未分類

実印に必要な印鑑の選び方

印鑑登録に必要な印鑑は規定の範囲内ならどんな印鑑でも登録できます。しかし、印鑑は長く使用する人が多いです。できる限り選ぶ時は慎重に考えましょう。次は実印の選び方についてお伝えします。

選び方は耐久性です。実印登録をする時の印鑑は耐久性が求められるので、既に欠けている印鑑や、変形しやすいゴム印は登録できません。つまり、耐久性が低いものは登録できませんが、耐久性が高いものとしても丈夫なものを選択すれば買い直しのリスクが低下します。丈夫な印鑑の選び方としては印材をチェックします。印材と耐久性には関係があります。こだわらないと耐久性の低いものを選んでしまいますから、印材のチェックは必須です。

また書体の重要性も理解しておくといいです。印面には苗字や名前を入れることになりますが、書体は自由に選ぶことができます。実印の場合は可読性が低い書体を選択するのが一般的です。理由としては偽造がされにくいからです。大切な手続きに使用する実印は可読性が高いと悪用される可能性もあります。大切な場面に使用する実印だからこそ書体はこだわるべきです。

このように、実印に適した印鑑を選ぶことで長く使うことができ、偽造もされにくい印鑑を買うことができます。印鑑の選び方は印鑑登録をする前には見ておきたい内容です。

印鑑登録の代理人による申請について

実印は重要書類の手続きをする時に使用するので、印鑑登録は本人しか登録ができないと思っている人が多いです。実は代理人による申請も可能です。

まず代理人による申請で準備すべきものは登録をする印鑑です。印鑑の用意は本人で手続きをする時にも必要となるので忘れないようにしておきます。続いて照会文書も必要です。事前に必要事項を入力して持っていく書類になるので忘れないようにしましょう。続いて必要なのが代理権授与通知書または委任状です。これは代理人であることを証明するための書類です。用意をしないと代理人による申請を行えないので、事前に準備しておきます。続いて必要なのが申請者本人の確認書類です。基本的には運転免許証などがあれば問題ありません。また、代理人による申請の場合には代理人の本人確認書類も必要です。こちらも運転免許証などを用意します。最後に必要な書類は代理人の印鑑です。こちらは認印でも可能ですが、必ず持ち込みましょう。

このように、代理人による申請も可能ですが、必要書類は忘れてはいけません。ここで説明した内容をしっかりと理解しておくと代理人による申請もスムーズにできるので代理人による申請をしたい人は参考にしましょう。

印鑑登録の流れ

印鑑登録の流れについて知ることでスムーズに登録をすることが可能です。ここでは具体的に印鑑登録の流れについて説明します。

まず印鑑登録をする際には実印が必要なので実店舗でも通販でもいいので気に入った場所で購入をしておきます。できる限り早く作りたいと思っている人はスピード出荷に対応できる通販を選択すると便利です。

実印が用意できたら身分証明書を用意しましょう。印鑑登録に提出できる身分証明証として挙げられるのが運転免許証です。その他にもパスポート等を挙げられます。日本人ではなく、外国人の方も実印を登録する機会がある方もいます。外国人の方が登録する時は外国人登録証などが必要です。

身分証を用意したら実際に役場で印鑑登録を行います。印鑑登録自体は役場が混んでいなければ数分から数十分程度で作り上げることができます。しかし、登録には手数料が必要になるので、手数料の用意は忘れないようにしましょう。

申請手続きが完了したら実際に印鑑証明を取得できたので、登録した印鑑は実印として使えます。

このように、大まかな流れについて説明をしましたが、実印として登録できる印鑑と身分証明書を準備できれば後はスムーズに登録できるので、印鑑と身分証明書は印鑑登録をしたいなら予め用意することが大切です。