印鑑登録をする前に必要な実印について

By | 2017.09.08

市区町村で実印の印鑑登録が可能ですが、当然、登録をする前に印鑑を用意する必要があります。実印を用意する時には注意点があります。まずは実印の購入について知らない方は勉強をしましょう。下記では実印を買う時に役立てられる知識を説明します。

まず、どのような印鑑が実印にできるのかです。全ての印鑑が実印として使用できることはありません。また、市区町村ごとに規定が異なることがあるため、購入する前には役場などでどの印鑑なら登録が可能かを聞いておくといいでしょう。一般的な規定としては、8ミリから25ミリの正方形に収まるもので欠けやすい素材でなければ登録が可能です。逆にそれ以外の印鑑は購入しても登録できない可能性が高いので注意が必要です。その他にもシャチハタは実印として登録できません。シャチハタはスタンプの様に中にインクが内蔵されているタイプの印鑑です。通常は認印などで使用するケースが多く、実印として使用することは難しいです。また、銀行印としてもシャチハタは使用できないので、銀行印を作成する時にもシャチハタは使いません。また、ゴム印など変形しやすいものは登録できないケースが多いです。当然ですが、他人が既に登録している印鑑も不可です。例えば親御さんや兄弟の印鑑が既に登録されていて自分が使用することはできません。

実印に登録可能な印鑑を用意できたら実際に印鑑登録ができます。印鑑登録時に参考にできる情報はいくつかあるので、このサイトでは印鑑登録を中心にお伝えします。